書籍・雑誌

2011.01.19

だから電子書籍は普及しない

 電子書籍が盛り上がってきた。というか、盛り上がってきた、という世間の了解をとりつけようと必死になっている人が増えてきた。家電量販店に専門コーナーができて、マフラーとコート姿のビジネスマンが群がっている様子は確かにそれなりのインパクトはある。

 が、それにしてもわからないのは端末もソフトも規格がてんてんばらばらなことである。業界関係者なので、なぜてんてんばらばらなのかは百も承知だが、利用者目線で眺めてみれば、不可解なこと極まりない。

 だって、たかだか(ハード的な意味で)本ですよ。データと言っても文字だけ。そりゃレイアウトや書体は大事だけれど、そのせいでこれだけ多くの種類のフォーマットが必要になるとは思えない。

 最悪なのは、こっちの書店で買えるものが別な書店では買えないことだ。在庫がないというのはリアル書店でもあるが、取り扱っていないとか、仕様が違うから永遠に買えませんということはない。

 いついつまでに何万点取り揃えるとか、品揃えを強調する電子書店も多いが、読者ニーズがまるでわかっていないと思う。必要なのは点数ではなくて、「読みたい本」「読む必要がある本」だ。

 受験参考書専門とか、釣りに関する書籍専門とか、特定のニーズに特化して、そのジャンルで発行されているリアル本については既刊本、絶版本も含めてほぼすべて電子ブックとして取り揃えている、というような電子書店があってもいいと思う。アマゾンでも、そうした需要には完全には応えられていないからだ。

 ソフト的にもハード的にもメディアとして過渡期ではあるし、よりよい製品が生まれるために競争と淘汰のプロセスは必要だろう。しかし、「たかが本」を読むためだけに、高額で、使いやすいとはまだ言いがたい端末を買わなくてはならず、しかも読みたい本を買えるとは限らない状況は、我慢の限界を超えている。スペックは何でもいいから、できるだけ早くデファクトに収斂されることを、多くの本好きは願っているのではないかと思う。

| | トラックバック (0)