« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

2011.01.26

慈善家ビル・ゲイツへの敬意と違和感

 Facebookのザッカーバーグが日本でも脚光を浴びる一方で、Appleのジョブズの休職、GoogleのCEO交代と大きなニュースが続いた。ICTの世界の物事のスピードを考えれば、顔ぶれがこれだけ長く変わらなかったことがむしろ意外だが、ある種の節目を感じさせるニュースではある。

 ニューズウィーク日本版が、エリック・シュミットから創業者ラリー・ページへのGoogleのCEO交代に関する記事で、ビル・ゲイツの「冷酷さ」について触れている。

 グーグルCEOは「いい人」すぎた?

 http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2011/01/post-1928.php

 ゲイツは今もマイクロソフトの会長にはとどまっているが、経営への直接的な関与からは2008年に離れた。以降、自らが主宰する「ビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団(メリンダは夫人の名)」の慈善活動にほぼ専念しているようにみえる。

 経営から退いて以降、ゲイツは「慈善活動家」としてのみアメリカのメディアに登場している。そのテーマ以外の取材は断っているのかもしれないが、メディアの側ももっぱら、鉄鋼王カーネギーや石油王ロックフェラーの系譜に連なる「偉大な創業者の社会貢献」という文脈でゲイツを取り上げる。2005年には妻メリンダ、U2のボノとともに、TIME誌の「パーソン・オブ・ジ・イヤー」に選ばれた。

 3兆円を超える規模の基金を立ち上げ、私費を惜しげもなく投じてエイズや貧困の撲滅のための活動に励むゲイツ夫妻が高く評価されるのはよく理解できる。何より意味があると思うのは、ゲイツがマイクロソフト時代の効率性を重視したマネージメント手法を財団運営に持ち込んでいること、ICTという新しい産業の次代の若い経営者たちのモデルになれればと考えていることだ。

 アメリカの慈善活動の歴史は古く、規模は巨大で、影響は国境を超えている。野口英世はロックフェラーが設立した医学研究所の研究員だったし、ゲイツと仲がいい投資家のジョージ・ソロスは自らの出身である東欧などの民主化に巨額の支援を行ってきた。フィランソロピーの文化は米国のソフトパワーの象徴の一つであり、もっとろくでもないことに金を使っても誰にもとがめられないゲイツがその文化の一翼を担っていることは敬意の対象になってもおかしくない。

 しかし一方で、あの生臭いビル・ゲイツが慈善家としてのみ登場することに、私は違和感が消えない。

 ジョブズがアップルそのものであるように、経営を退いたとはいえ、ゲイツがマイクロソフトという会社そのものであることに変わりはない。輝かしい成功の物語も、その後の迷走や今の退潮も、突きつめればゲイツその人に帰結するはずだ。それが一切語られず、すべてはスティーブ・ボルマーの責任であるかのように説明されてしまうことへの違和感が消えない。

 ゲイツがボルマーにCEOの座を譲ってからの10年間にアップルはiPodとiTunesを生み出し、iPhoneを出し、iPadを世に送り出した。TwitterやFacebookが次々と登場するうねりの中で、ジョブズは(文字通り)命を削ってデジタル時代の地平を切り開こうとし続けてきた。ニューズウィークの記事は、ゲイツのような「冷酷さ」に欠けていたことがGoogleのシュミットがCEOを降りた一因ではないかと指摘している。ゲイツがマイクロソフトに残っていたら、歴史は微妙に変わっていたかもしれない(マイクロソフトにとって良いほうにか悪いほうにかは別にして)。

 ゲイツが戦いから逃避して楽をしている、とはもちろん言えない。しかしゲイツを一切の文脈から外して物事を語るのはまだ少し早い気がする。

| | トラックバック (0)

2011.01.21

NFL「神」の予想に関する一考察

 これ↓は、スポイラ(SportsIllustrated)誌の2010年9月6日号のNFLプレビュー特集に載った、同誌のピーター・キング記者のスーパーボウル予想。

Si_steelers

 で、現実のNFLプレーオフがどうなっているかというと、

<NFC決勝> Green Bay Packers at Chicago Bears

<AFC決勝> New York Jets at Pittsburgh Steelers

 NFCとAFCの決勝は1月23日に行われ、それぞれの勝者が2月6日にダラスで行われる第45回スーパーボウルに出場することになるが、恐ろしいことに、キング記者の予想通りの組み合わせになる可能性が25%の確率である。

 何が恐ろしいかというと、シーズンが始まる前に予想したスーパーボウルの組み合わせが当たる確率など限りなく0%に近いからだ。スコアが外れても、このままスティーラーズ対パッカーズの組み合わせになれば、キング記者はNFLファンから「神」と呼ばれても不思議でない。

 レギュラーシーズンの年間試合数が162試合のメジャーリーグ、82試合のNBAなどと比べて、NFLは16試合。プレーオフもどちらかが3勝または4勝しなくてはいけないメジャーやNBAと異なり、NFLはすべて一発勝負。今季も大本命ながら先週敗退したペイトリオッツのエースQBブレディが実は骨折したまま出場していたようだが、中心選手が怪我したり調子を落としただけで番狂わせが起きる可能性はぐんと高まる。

 だからと言ってフロックや運では決して勝ち抜けないところが戦略的知的団体格闘技であるアメリカンフットボールの面白さなのだが、NFLの場合はリーグ自体が所属チームの戦力・強さに差が開かないこと、同じチームが勝ち続けないことを重視している。これはパリティ(均衡)と呼ばれ、プロスポーツでは重要なマーケティング戦略になっている。

 どのチームにも勝つチャンスがあるほうがファン層は広がるし、シーズンの最後まで関心を引き付けられる。観客動員や放映権収入にプラスなのでアメフトに限らず重視されているが、NFLの場合はかなり徹底しており、そのせいで80年代のサンフランシスコ・49ナーズや90年代のダラス・カウボーイズのように「ダイナスティ(王朝)」と呼ばれる黄金時代を築くチームが現れる可能性はかなり低くなった。ということはつまり、優勝チームはおろかその候補チームを予想することすら高さ30センチのリンボーダンス並みに難しくなったということだ。

 ではなぜ、キングは予想できたのか。9月6日号の記事は合計3ページでそれほど長いものではないが、理由と根拠が簡潔にまとめられている。

 記事の冒頭にキング自らが書いているように、そもそも、スティーラーズを予想すること自体がトリッキーだ。エースQBのベン・ロスリスバーガーは婦女暴行騒ぎを起こして6試合の出場停止。たびたび不祥事を起こしてはいるが、08年シーズンのスーパーボウルMVPを獲ったWRサントニオ・ホームズをろくな見返りも求めずにトレードで放出。前シーズンは9勝7敗とパッとせず、ディフェンス偏重のイメージを覆すような補強もされていない。

 しかし、とキングは書く。前シーズンの戦績が当てにならないことは07年シーズンのジャイアンツ、08年のスティーラーズ、09年シーズンのセインツ、過去3年のスーパー優勝チームが証明している。おまけにコミッショナーの温情裁定でロスリスバーガーの出場停止はおそらく開幕から4試合に軽減され、最初の4試合の相手の弱さを考えればロスリスバーガー抜きでも3勝1敗でいけるとキングは説く。果たして、現実はすべてその通りになった。

 しかも面白いのは、キングがスティーラーズを推す決定的な根拠は、そうしたロジカルな分析の結果ではないことだ。

 8月にキングがサマーキャンプを訪れたときのこと。32歳のベテランラインバッカー、ジェームズ・ハリソンがパントカバーで、リターナーに入っていた新人のアントニオ・ブラウンをぶっ飛ばした。先発出場が約束され、ルーキー相手にいいところなど見せる必要のない大ベテランが一切手抜きをしない。現地取材の場で自分の目で見たその1つのプレーを何よりの根拠に挙げて、キングはスティーラーズの優勝を予想するのである。これぞスポーツライティング、これぞジャーナリズム。これでスーパーの組み合わせと勝敗まで当たったらカッコよすぎるではないか。

 スポイラのNFLプレビュー号と言えば、ドクター・Z(ジー)ことポール・ジマーマン記者がスーパーボウル予想を長らく担当していた。NFLが誕生して以降、おそらく最も有名なフットボール記者であるジマーマンは、ウィキペディアによれば、08年1月のスーパーに際して圧倒的な不利予想だったジャイアンツがパーフェクト・シーズン(シーズン全勝)目前のペイトリオッツを破ると予想して的中させてから数ヵ月後、心臓発作で倒れ、以来意識がない状態だという。

 ジマーマンの記事はシビれるくらい面白かったしキングもなかなかだが、そうしたスポーツライターを次々と輩出するSportsIllustratedやアメリカのスポーツジャーナリズムの奥深さにもあらためて唸らされる。

※今年のシーズン前にキングはスポイラのウェブ記事で「2010年にNFLで起きそうなこと10」という予想をしているが、こちらはかなりハズレまくっている。

10 things I think will happen in the 2010 NFL season

http://sportsillustrated.cnn.com/2010/writers/peter_king/09/07/mail/index.html

| | トラックバック (0)

2011.01.19

だから電子書籍は普及しない

 電子書籍が盛り上がってきた。というか、盛り上がってきた、という世間の了解をとりつけようと必死になっている人が増えてきた。家電量販店に専門コーナーができて、マフラーとコート姿のビジネスマンが群がっている様子は確かにそれなりのインパクトはある。

 が、それにしてもわからないのは端末もソフトも規格がてんてんばらばらなことである。業界関係者なので、なぜてんてんばらばらなのかは百も承知だが、利用者目線で眺めてみれば、不可解なこと極まりない。

 だって、たかだか(ハード的な意味で)本ですよ。データと言っても文字だけ。そりゃレイアウトや書体は大事だけれど、そのせいでこれだけ多くの種類のフォーマットが必要になるとは思えない。

 最悪なのは、こっちの書店で買えるものが別な書店では買えないことだ。在庫がないというのはリアル書店でもあるが、取り扱っていないとか、仕様が違うから永遠に買えませんということはない。

 いついつまでに何万点取り揃えるとか、品揃えを強調する電子書店も多いが、読者ニーズがまるでわかっていないと思う。必要なのは点数ではなくて、「読みたい本」「読む必要がある本」だ。

 受験参考書専門とか、釣りに関する書籍専門とか、特定のニーズに特化して、そのジャンルで発行されているリアル本については既刊本、絶版本も含めてほぼすべて電子ブックとして取り揃えている、というような電子書店があってもいいと思う。アマゾンでも、そうした需要には完全には応えられていないからだ。

 ソフト的にもハード的にもメディアとして過渡期ではあるし、よりよい製品が生まれるために競争と淘汰のプロセスは必要だろう。しかし、「たかが本」を読むためだけに、高額で、使いやすいとはまだ言いがたい端末を買わなくてはならず、しかも読みたい本を買えるとは限らない状況は、我慢の限界を超えている。スペックは何でもいいから、できるだけ早くデファクトに収斂されることを、多くの本好きは願っているのではないかと思う。

| | トラックバック (0)

2011.01.12

ジャーナリズムを論じる不毛、論じない不毛

 岩上安身さんと江川紹子さんが、「ジャーナリスト」の定義をめぐってちょっとしたつぶやき合いを展開した模様。

ジャーナリストになるには。岩上氏、江川氏の呟き。
http://togetter.com/li/87037

 個人的には、どちらかと言えば江川さんが言っていることに同感する。岩上さんが言っていることもわかるが、そうなると「そもそもジャーナリズムって何?」というところまでさかのぼって考える必要があるだろう。

 ウィキリークスの情報公開は「知る権利」に応えるものであり、岩上さんが言うように誰もがジャーナリストになり、「事実をありのまま、正確に伝える」ことに励むようになると、下のような形で「ニュース」がどんどん「報じられる」かもしれない。

稲本潤一と田中美保がお泊りデートか!? 女子大生バイトがTwitterでバラして炎上
http://rocketnews24.com/?p=64886

 誰それは公人だからうんぬんとか論じても仕方ないし、ツイッターを規制したりするのも無意味だろう。しかし、それでは何をもってジャーナリズムとかジャーナリストと言うのか、新しい定義は何か、というもう少し細かな議論が欠かせないのではないかと思う。

 などとつらつら考え、一方で「記者クラブ批判」がツイッターで盛り上がっているのを「何だかなあ…」と思って眺めていたら、ちょうどいいタイミングでニューズウィーク日本版の特集記事が出た。

だから新聞はつまらない
http://www.newsweekjapan.jp/magazine/40499.php

 記者クラブ批判の盛り上がりに違和感をいだくのは、木を見て森を見ずというか、それが問題の一部に過ぎないことが忘れ去られているように見えるからだ。

 記事では、ジャーナリズムの役割について、『ジャーナリズムの原則』(邦訳・日本経済評論社)の定義を次のように引用している。「市民が自由で独立できるために必要な情報を伝達すること」

 記者の役割はこう。「重要な出来事を読者の関心を引き付ける形で伝えなければならない」「ニュースを大局的に伝え、意味付けをしなければならない」

 記事はまた、日本の新聞社やテレビ局の現場至上主義や「物量作戦」についても詳しく批評している。これについては私も5年前に、在日外国特派員協会に頼まれて会報誌に寄稿した記事に少し書いた。

Saving face
http://www.fccj.or.jp/node/1175

 20年近く前だが、大リーグ入りした野球の野茂英雄選手のデビュー戦の取材でサンフランシスコの球場を訪れたときのこと。取材に時間がかかって市内まで戻るバスに乗り遅れてしまい、地元紙のSan Francisco Chronicleのスポーツ担当記者に頼んで車に乗せてもらった。

 車内でいろいろな話をするうち、その記者が、日本のメディアはなぜあれほど多くの記者やカメラマンをアメリカのゴルフトーナメントに送って寄越すのか、不思議で仕方がないと言った。

 優勝候補ならともかく、上位に食い込む可能性さえ乏しい日本人選手が1人か2人だけ出場する試合に各社合わせて何十人もの取材陣を派遣するのは時間とカネの無駄ではないか、というニュアンスだった。

 それはまったくその通りで、その後、イラク戦争のときに自衛隊が駐屯するサマワから記者を引き揚げた日本のメディアの体たらくぶりと考え合わせるに、ニュースバリューの基準や判断がゆがんでいるのではないかと思った。ニューズウィークの記事はそうした点や、それ以外の問題点についても詳しく論考・リポートしている。

 岩上さん・江川さんのつぶやきを自分なりに解釈して言い換えると、ジャーナリズムは必要だが、ジャーナリストという言葉はもはや不要、なのかもしれない。

(ちなみに記者クラブ批判の象徴のように言われる上杉隆さんは、記者クラブだけが問題とは一言も言っていないし、記者クラブや官房機密費だけ批判・批評しているわけではない。念のため。ただし個人的には、『官邸崩壊』(新潮社)で見せたようなストーリーテリングの才もある上杉さんには、とっとと別なテーマに取り組んでその才能を発揮してほしいと願っている)

| | トラックバック (0)

2011.01.11

Facebook: 気安く友達って言うな

 映画『ソーシャル・ネットワーク』が話題になっている影響か、Facebookの友達リクエストが急にたくさん届きはじめた。

 今のところまともに利用も活用もしていないので、承認したところで先方にも役に立たないし申し訳ない気持ちがあるが、それ以上に悩むことがあるのが「友達」の定義。「僕とあなたが友達? いつから?」という人が結構含まれている。というか、大半は厳密に言えば単なる知り合い、いろいろなコミュニティーで付き合いがある人、仕事上で付き合いがある人などなどで、まあ、「仲間」と呼ばせてもらいたい人はたくさん混じっているけど、「友達」かと言われると、うーん…という気がする。

 深く考えることではないのかもしれないが、承認しなければしないで「あなたは友達じゃありませんので悪しからず」というサインのようで、これも悩む。気が小さいだけだが。

| | トラックバック (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »