« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

2010.11.29

沖縄基地問題

 アメリカは、沖縄の基地問題=米軍再編における海兵隊のグアム移転問題は、ひとえにテクニカルな問題としてとらえられている。

 日本では、基地問題はもっぱら沖縄への負担、沖縄の民意、沖縄の経済振興の問題として扱われている。

 つまり、どちらにおいても中長期的な安全保障、東アジアにおけるそれぞれの国の権益をどう守っていくか、2つの国が手を携えてアジア太平洋地域の安定にどう寄与していくか、そのために在日米軍と基地はどうあるべきか、という本質的な視点と議論が欠落してしまっている。何よりそれが問題ではないだろうか。

| | トラックバック (0)

2010.11.12

「知る権利」はそんなに偉いのか

 ビデオビデオって騒いでいるけど、テロ捜査の公安情報が警察から流出したことのほうがよっぽど問題なんじゃない? なんでそっちはもっと報道しないの? 朝、テレビを見ながらうちの奥さんが言っていた。確かにそう思う。

 ビデオを投稿した海上保安庁職員の行動を、中国人船長を放免した政府の理不尽な判断を糾弾する義憤によるものとして、理解を示す人々がいる。

 それはまだ納得できる部分があるが、どうにもおかしいと思うのは、海保職員の行動を、国民の「知る権利」に応えたものとして容認する声だ。

 知る権利とは「すべての情報を知る権利」なのか。

 今回のビデオ流出を、政府が隠蔽しようとした情報を暴いて「知る権利」に応えたものとして、ニューヨーク・タイムズが極秘報告書(ペンタゴン・ペーパーズ)をすっぱ抜いてベトナム戦争に関する米政府のウソを暴いた事件や、ワシントン・ポストのスクープがニクソン米大統領を辞任に追い込んだウォーターゲート事件にたとえる向きもある。

 しかし、それはまったくおかしい。

 NYタイムズやワシントン・ポストの場合は、入手した情報が正確かどうか、公表することが国や特定の市民を傷つけはしないか、公益に資するかどうかなどをメディアがよくチェックと検討をし、問題ないと判断したうえで記事になった。

 1人の公務員が、たまたまアクセスできた公的な情報を自分だけの判断で外部にもらすのとは根本的に違う。

 これを、メディアが取材して得た情報と同じものとみなすのであれば、「知る権利」を理由にすれば、どんな情報も、個人の判断だけで、行政府や議会の意思とは関係なしに勝手に公開していいことになる。

 では、その情報が日本の政府や企業や市民にとって著しく不利なものだった場合はどう考えるのか。たとえば、今回流出したビデオの内容が中国漁船の正当性を示すもので、中国のハッカーが流出させたものだったらどうなのか。「政府が隠していたものを暴いた」という点ではまったく一緒だから、それでも「知る権利に応えた」と評価するのか。

 今回のビデオ流出を「知る権利」とからめて容認する人々は、漏洩した情報が「中国漁船の犯罪性を示す」という内容だったことからさかのぼって是非を判断している。

 知る権利は、「都合のいい情報だけを知る権利」ではない。情報を誰がどう公開するかは、「知る権利」だけを基準に軽々しく考えるべきではない。

| | トラックバック (0)

2010.11.10

Googleが全社員の給料10%アップ

 グーグルが全社員に1000ドルのボーナス支給と、10%の給料アップを行うらしい。

Googleが全社員にサプライズ・ボーナス(Business Insider英文記事)

http://www.businessinsider.com/google-bonus-and-raise-2010-11

 なぜ今、ボーナスと昇給なのか。CEOのエリック・シュミットが全社員に送った社内秘メールによれば、社員(パートタイムも含む)はボーナスやストックオプションよりサラリーのアップを重視していることが調査でわかったからだという。

 社員は約20000人なので、ボーナス支給で2000万ドル、10%の昇給で年10億ドル、人件費が増える計算になる。業績が好調かつ安定しているのは確かだろうが、それをこういう形で社員に還元するのはGoogleらしくない気もする。

| | トラックバック (0)

2010.11.02

北方領土訪問 みくびられる日本

 ロシアのメドベージェフ大統領が国後島を訪問して騒ぎになっている。6月頃に訪問計画が明らかになって以来、見送ってほしいと日本は繰り返し要請していた。

 中国との間に尖閣諸島の問題があり、日本にとってデリケートな状況にあることはロシアも知っている。それを承知で断行したということは、やめてくれと日本が懇願する中で島に行き、何てことをと日本が抗議してくる様を国内や世界に見せつけることが大統領の狙いなのかもしれない。

 北方四島をめぐる緊張は数カ月前から少しずつ高まっていた。ロシアが7月に択捉島で軍事演習を行ったからだ。日本の新聞・テレビではなぜか大きく報道されなかったが、1500人以上が参加した本格的なものだった。

ロシアの軍事演習「ボストーク2010」 ノーボスチ通信の解説記事(英語)
http://en.rian.ru/analysis/20100705/159695795.html

 ノーボスチの解説を読むかぎり軍事戦略的に重要な位置づけであったことはわかるが、射撃練習をわざわざ択捉で行わなくてはいけない理由は読み取れない。リベラルでソフトなイメージが強いメドベージェフとしては、2012年の大統領選をにらんで(出馬するかどうかはともかく)極東の安全保障について強腰で臨めると示したい。そんな政治的な思惑があったのではないか。

 今朝のスタジオで青山学院大学の袴田茂樹教授が指摘していたように、それが可能なのはロシアが今の日本の政権をなめ切っているからだ。普天間基地の移設問題で迷走し、尖閣沖の中国漁船衝突問題で右往左往したように、外国の目に、民主党政権は外交と安全保障面で主体的に行動するための意思と当事者能力を失っているように映る。

 強い対抗措置に出たり国際世論にアピールすることもなく、ただ抗議をするだけ。そんな態度を見れば、韓国が竹島に対する支配のレベルを引き上げたり、オーストラリアが捕鯨問題でより強硬な姿勢を見せたりするようになりかねない。

 APECの会場で首相がメドベージェフ大統領にどんな態度で接するのか、注目したい。

| | トラックバック (1)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »