トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

2010.10.25

チリ鉱山作業員は「安全」を求めない

 チリ・コピアポ郊外の鉱山で起きた落盤事故の生還者が、事故に関する状況についてマスコミの取材などに語り始めた。彼らの証言が鉱山会社の刑事責任追及や作業員への補償に影響を及ぼすでしょうね――とコメントを振られたが、それほど単純な問題でない気がする。

 救出された作業員の1人は、岩盤を支える地層まで掘削させていたとして、サン・エステバン社の利益優先の体質を批判している。

利益優先の過剰掘削で落盤か チリ鉱山、作業員証言
http://www.47news.jp/CN/201010/CN2010102201000677.html

 落盤の3時間前に坑内で異常音を聞き、地上に出たいと言ったが鉱山会社に断られたと話す作業員も。

チリ落盤発生前「地上に出たい」 会社断る
http://www.asahi.com/international/update/1020/TKY201010200132.html

 安全基準を言うなら、こんな危なっかしい鉱山会社を放置してきたくせに、そんなことは忘れたかのごとく救出プロジェクトで英雄っぽく振舞っていた鉱業大臣や大統領の責任はどうなんだという気もするが、補償も刑事責任も会社をターゲットにするのがシンプルだし、事実、会社は責任を免れようがないだろう。問題は、鉱山で働く人々とその家族がそれを望むかどうかだ。

 この地域に住む人々の多くは鉱山で働く以外にない。少なくとも、鉱山ほど高い収入を得られる働き口は他にほとんどない。今回事故に遭った作業員の多くもそうだろう。

 一部の報道では、被害者家族が総額1200万ドルの損害賠償を求める予定でいるという。経営難だったサン・エステバン社の資産は1000万ドルを下回っているとされ、満額の支払義務を負えばそれだけで会社は自己破産するだろう。

 補償がそこまで多額にならなくても、今後は同様の事故を防ぐために万全の安全対策を講じることになれば、そちらにコストを配分するぶん、作業員の給料は下げられるだろう。あるいは、今後は「事故が起きても会社に対する補償の責任は放棄する」という契約書に事前にサインした作業員しか雇わなくなるかもしれない。

 もう二度と鉱山の仕事はしないという生還作業員は別にして、それ以外の生還者や、今回の事故とは無関係の鉱山労働者が、そのように鉱山会社が追い込まれて破綻したり、結果的に待遇が悪くなるような事態を望むだろうか。

「命には代えられない」が、鉱山で働くということはそもそもそういう理屈では成り立っていないはずだ。悪質な鉱山会社を排除することはコンセンサスになっても、それを超えて業界全体に規制が効き過ぎることは、リスクと引き換えに大金を稼ぐことを選んだ作業員とその家族の利益とマッチしない。

 奇跡の生還とか人間の強さとか、不必要なまでに美談に仕立てたり大げさなものを見出そうとするのは、地下奥深くにもぐる仕事のリアルな現実を見失っている。損害賠償請求や再発防止の動きがうやむやになっても、私は驚かない。

| | トラックバック (0)

2010.10.21

VOGUE撮影 蓮舫批判のいやらしさ

 国会議員になる前の蓮舫氏をじかに見たのは一度きり。1995年3月のある日、東京・築地の聖路加病院でだった。

 その日、病院の中は近くの地下鉄の駅から運び込まれてきた大勢の患者、警察・消防関係者、マスコミでごった返していた。治療室や病室に収まりきらないのか、待ち合いスペースの長椅子やフロアに横たわっている患者もいた。聖路加は2階に大きな礼拝堂があり、そこにも多くの患者が運ばれていた。多くは通勤途中のサラリーマンやOLのようだった。

続きを読む "VOGUE撮影 蓮舫批判のいやらしさ"

| | トラックバック (1)

2010.10.15

日航パイロット整理解雇の不思議な言い草

 経営再建中の日本航空が、リストラクチャリングの一環として一部の機長と副操縦士に強制的に退職を迫り始めたというニュースで、家族が困っているという記事を朝日新聞が先週載せていた。

乗務予定が突然白紙 育児・ローン…日航パイロット困惑
http://www.asahi.com/special/jal/TKY201010070571.html

 日航の整理解雇の人選基準に「(当該年度の)病気欠勤合計41日以上」「過去2年5カ月で合計81日以上の病気欠勤」というのがあり、今年に入って怪我で数カ月休んだ副操縦士や、風邪や腰痛で長く休んだ副操縦士が、乗務予定が真っ白のスケジュールをいきなり突きつけられたのだという。

 記事によると、パイロットは事故防止のため、体調が少しでもすぐれないと病気欠勤とする。風邪薬を飲んだだけでも、自己申告で休む。「こんなやり方では風邪を引いても誰も休まなくなり、安全に問題が出るだろう」と、退職勧奨の対象となった副操縦士が言っている。そういう考え方をすること自体が、この会社がいかに病んでいるかを物語っている。

続きを読む "日航パイロット整理解雇の不思議な言い草"

|

2010.10.14

オバマの仇を中国で討ったノーベル委員長

 ノーベル賞委員会が今年の平和賞に中国の民主活動家・劉暁波氏を選んだことは、政府間の関係悪化もいとわずに中国の人権抑圧を批判したノルウェーの義挙のように言われている。

 そういう面もあるかもしれないが、どちらかと言えば昨年の平和賞を「何もしていない」オバマに授与して非難の集中砲火を浴びた現ノーベル賞委員会が名誉挽回をもくろんでのチョイス、と見たほうがよさそうな気がする。

 ノーベル賞委員会のトールビョルン・ヤーグラン委員長(59)はノルウェーの大物政治家で、労働組合から政界に入って穏健社会主義の労働党の党首にまで上りつめた。90年代に首相、その後外相を務め、昨年2月にノーベル賞委員会の委員長に、昨年秋から欧州評議会の議長にそれぞれ就任した。

続きを読む "オバマの仇を中国で討ったノーベル委員長"

| | トラックバック (0)

2010.10.08

不明高齢者? アメリカでも

 オバマ政権が昨年、大型景気対策の一環として実施した年金受給者への一律250ドルの一時金支給が、死亡者にも支払われていたことがわかったというニュース。

 支給対象5200万人のうち、7万2000人が死亡者だったという。その人たちの年齢は報じられていないが、もともとの対象が年金受給者(退職者)だったので、大半は高齢者と思われる。「よく調べたら亡くなってました」ということだろう。

 日本の所在不明高齢者のような問題は、要は事務処理ミスなのでどこの国で起きてもおかしくないが、0.14%が死んでいたというのは「誤差」として許容範囲なのだろうか。

 今回のケースでは、他に1万7000人の受刑者にも一時金が支給されていたという。

| | トラックバック (0)

トップページ | 2010年11月 »